胸ニキビの特徴や症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
胸ニキビの特徴や症状

胸に出来るといっても顔同様同じニキビですので症状としては「炎症によって赤く腫れる」、「うみがたまる」、「肌組織を破壊する」などと症状に関しては他のニキビと大差ありません。一例として症状を状態に分けて解説します。

第1段階:初期のニキビ

「微小面ぽう」と呼ばれます。

この状態は、角質に含まれている水分量が低下することにより乾燥などが起こり、肌のバリア機能が低下して狭くなった毛穴に角栓が詰まり、中で皮脂が溜まりやすくなっている段階です。

初期の胸ニキビの特徴

初期の胸ニキビは肉眼では確認が難しい為、この段階で治療を始めることはほとんどできません。
その為、あくまでも治療ではなく予防が最大のケアといえます。
肌の保湿をしっかり行って、とにかく乾燥を防ぐことが一番大切です。

第2段階:白ニキビ

毛穴中で皮脂が溜まりはじめている状態です。
人の肌に常在している菌も、中に溜まりはじめた皮脂を栄養としてこれから増殖しようとしている状態でもあります。

白ニキビの特徴

「コメド」と呼ばれる小さな白い点が、肌に出始めます。
白くてポチっとしたものが肉眼でようやく確認できるようになります。

第3段階:黒ニキビ

毛穴の中の皮脂は、限界まで溜まると毛穴から外に出てきます。
毛穴から顔を出した部分の皮脂が、空気中の酸素に触れて酸化し始めた状態を指します。

黒ニキビの特徴

この段階だとニキビがすぐに分かる為、胸など場所によってはかなり目立つようになってきます。
この段階では、皮脂が酸化しているだけで痛みを伴う症状ではありません。

第4段階:赤ニキビ

この段階からようやく一般的な「ニキビ」と言われるような状態になります。
毛穴中の菌が十分に繁殖してしまい、毛穴の中で活発になります。

赤ニキビの特徴

毛穴中は炎症を起こし、痛みも伴うようになってきます。
正式には赤色丘疹と呼ばれるくらい、赤い丘のようにプクっと膨れ上がってきます。
赤ニキビの場合大きく強い痛みがある場合が多いです。

第5段階:黄色ニキビ

この段階まで進んでしまうと、ニキビの重症化といわれる症状になってきます。

黄ニキビの特徴

真ん中に小さくポチっとした乳白色のふくらみが見えるようになります。
この症状は黄色ニキビと呼ばれ、毛穴の中に膿が溜まっている状態になっています。
膿とは白血球が抗体しようと戦った結果、残った死骸や壊された細胞の残骸が溜まったものです。
膿が溜まっている毛穴は、まわりの細胞組織もだいぶ壊されていており、胸にもニキビ跡が出来る可能性が高くなってきます。

第6段階:紫ニキビ

通常なら末期症状といえば黄色ニキビまでの事をさします。
ですが体質によって、さらにもう1段階悪化した状態に進んでしまうことがあります。
それが紫ニキビとよばれるニキビです。
紫ニキビは黄色ニキビを放置したからといって、必ずしもなるわけではありません。
症状具合や毒素や老廃物がうまく排出できていないと、この症状に進むことがあります。

紫ニキビの特徴

この紫ニキビは毛穴中に膿だけでなく血も溜まってしまい、赤黒く硬く腫れあがります。
紫ニキビまで症状が進むと、肌内部で受けたキズが真皮にまで届いてしまう場合が多く、
「ニキビ跡」として残ってしまう確率が非常に高くなります。
特徴として、胸に出来るニキビは色素沈着やニキビ跡として残りやすいデリケートな部位ですので一度残ってしまうと消すことは難しいです。

そのため、できないように予防を気を付けることや症状を発見したら早期治療を行うことが大切です。

胸ニキビが治らない時にオススメのケアランキングTOPへ